読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webと企画で生きていく

Webと企画で生きていきたいと妄想する社会人1年目の備忘録

Vagrant + VisualBox + Cyberduck で初めてのローカル開発環境構築

初めて、ローカル開発環境構築をしたのでその備忘録。

 

環境

mac OS X

CentOS

Vagrant

VisualBox

Cyberduck

 

なぜローカル環境が必要か

webアプリケーションを動かすのにはサーバーが必要

でも、サーバーを借りるとお金がかかる

→ローカル環境にサーバーをおいておくと便利

 

何を使うか

Local Server:Cent OS

CentOS Project

サーバーはmacOS Xではなく、別のサーバーが使われる。

今回は「Cent OS」を使った。

 

仮想環境構築ルール:Vagrant/VirtualBox

Vagrant by HashiCorp

Oracle VM VirtualBox

ローカルマシンにいくつも仮想的に環境を構築することができる

 

ファイル転送ツール:Cyberduck

Cyberduck | Libre FTP, SFTP, WebDAV, S3, Backblaze B2 & OpenStack Swift browser for Mac and Windows

OS Xにファイルを転送することができる。

サーバー名を変更する際に使用する。

 

参考資料

ドットインストール「ローカル開発環境の構築」

http://dotinstall.com/lessons/basic_localdev_mac